多国の人々や子どもたちも文化遺産や優れた自然、芸術品、美術品と出会い楽しめる皇居庭園2018

2015年12月2日 Natural Air.com ふれあいスポットイベントレジャー体験スポット催し娯楽未分類観光遊び場

皇居は東京都千代田区に存在します。一般的に知られているように通常は天皇の住居になります。宮城の名称が廃止された第二次世界大戦以降、東京の江戸城跡地一帯を皇居と呼んでいます。

旧江戸城について

旧江戸城について

皇居(The Imperial Palace)施設には天皇がお過ごしされる「御所」や公的行事などを行う「宮殿」吹上大宮御所、宮中三殿、宮内庁庁舎、生物学研究所、紅葉山御養蚕所、皇居東御苑、桃華楽堂、三の丸尚蔵館、皇宮警察本部庁舎、宮内庁書綾部庁舎、宮内庁病院などがあります。IMG_0189-1皇居施設内で年間を通じて一般人が出入りできる施設は皇居東御苑のみです。皇居東御苑は皇居造営の一環として皇居東地区の旧江戸城本丸、二の丸、三の丸の一部を整備し皇居附属庭園として一般公開されている敷地です。皇居東御苑は入場無料で観覧する事が出来ます。また、希望者には無料東御苑ガイドのサービスも存在します。(詳しい詳細は公益財団法人 菊葉文化協会までお問い合わせくださいませ。TEL03-5222-0012 ホームページアドレスhttp://kikuyou.or.jp

皇居東御苑パンフレット

皇居東御苑パンフレット

皇居東御苑は皇居附属庭園として由緒ある庭園です。敷地内では豊かな自然と歴史を味わいながら四季の移り変わりを花や多様な樹木、草花で体感することができます。主な皇居東御苑の見どころは本丸地区に存在する広々とした大芝生や天守台、バラ園、竹林、果樹古品種園、桜の島、野草の島、緑地帯、桃華楽堂、富士見櫓などです。また、二の丸地区では二の丸庭園や二の丸雑木林、菖蒲(あやめ)田、都道府県の木、諏訪の茶屋などになります。三の丸地区では大手門や三の丸尚蔵館を観覧できます。

 

{皇居乾通り一般公開について}

 

2015年、一般公開される皇居乾通りをご紹介致しましょう。昨年、一般公開して大好評だった春と秋の皇居乾通り一般公開は今年も12月5日(土)~12月9日(水)の5日間実施されます。(祝・202,820)今年の春と平成28年の秋、平成29年の春は皇居乾通りの一般公開は更新工事を行うために実施されません。尚、平成28年の春季の桜の時期の具体的な実施については平成28年3月25日(金)~3月31日(木)、1週間と”拡大版”で実施される御予定です。(常に人気があり、大勢のご来客に大変好評が高い為、期間を延長して開催されるご様子です。)なんと!桜の満開が遅れている為に、さらに「3日間」延長して解放で~す。さすが、お心遣いが違いますね~!(祝・508,010人突破!)たぶんこれで今年は完了です。平成29年の秋から平成30年以降は春と秋の皇居乾通りの一般公開は実施予定になっています。(2018年12月24日時点 通算参入者数述べ651,860人)

本年の皇居乾通り一般公開想定日

2017年、秋の皇居乾通り一般公開は12月2日(土)~12月10日(日)の9日間です。予めご確認をお願い致します。(終了。参入者数、226,220人)

(詳しくは宮内庁のホームページをチェック!http://www.kunaicho.go.jp/event/inui.html )入門時間は午前10時~午後2時30分まで。皇居乾通り一般公開に参加される方はルールを正しく守って秋の皇居の紅葉を体感し楽しむことができます。

”皇居乾通り”一般公開マップ2015

”皇居乾通り”一般公開マップ2015

{天皇誕生日一般参賀について} !(^-^)!

 

護衛隊!?

護衛隊!?

護衛隊!?

護衛隊!?

2017年、天皇誕生日一般参賀についてご紹介致しましょう。天皇誕生日一般参賀は12月23日(土)に実施されます。参入門は皇居正門(二重橋)になります。

 

入門時間は午前9時30分~午前11時20分です。大変混雑が見込まれる為にお早めにお越しになられた方が良いです。天皇誕生日一般参賀では皇室の天皇皇后両陛下や皇太子同妃両陛下、秋篠宮同妃両陛下、眞子内親王殿下、佳子内親王殿下さまたちのお出ましが開催されます。第一回目は午前10時20分ごろ、第二回目は午前11時ごろ、第三回目は午前11時40分ごろを予定されています。天皇誕生日一般参賀では日本の国旗がプレゼントされますのでお子様から大人まで楽しんで国旗を振ることができます。

(ご存じない方は注意!いきなり“バンザイバンザイ”とお声が掛かるので恥ずかしがらずにチャレンジしてみてね!?)

2018年12月23日(日)第125代 天皇陛下、明仁様のご誕生日一般参賀述べ参入者数は昭和天皇超え、過去最多の8万2850人。尚、リニュアルされた東京駅まで続く人々の群れは収まるどころかパニック状態!日本国民たちにもっとも親しまれた天皇の証ではないでしょうか!?総動員数を考慮すると、皇居周辺は”未知の祝福”に包まれていた。

天皇誕生日一般参賀風景

天皇誕生日一般参賀風景

 

 

 

 

 

{新年一般参賀について} !(^-^)!

2019年、新年一般参賀についてご紹介致しましょう。新年一般参賀は平成31年1月2日(水)に実施されます。参入門時間は午前9時30分~午後2時10分です。参入門は皇居正門(二重橋)になります。ご興味が有る方はルールに従って参加することができます。

・第1回及び第2回は天皇皇后両陛下,皇太子同妃両殿下始めお出ましになれる成年の皇族方 。
・第3回以降は,天皇皇后両陛下,皇太子同妃両殿下,秋篠宮同妃両殿下,眞子内親王殿下及び佳子内親王殿下。

第1回 午前10時10分頃
第2回 午前11時00分頃
第3回 午前11時50分頃
第4回 午後1時30分頃
第5回 午後2時20分頃
*(2回サプライズサービス)

一般参賀は凄まじく混み合う恐れが想定されます、予めお時間とお気持ちにゆとりを持ってお近くの警視庁や各種自衛隊、協力関係者の言う事に従って安全に楽しみましょう!
平成31年、”最後”の”新年の挨拶”になります。

平成元号、”最後”の”新年のご挨拶”は国会議員や約130人の大使たち、15万4800人の国民が訪れ、計7回に及ぶサプライズ対応。在位中”最多”の”新年のご挨拶”では「新しい年をともに祝うことを誠に喜ばしく思います。国民の幸せを祈ります。」と述べられたそうです。(新記録達成)皇太子さまは「恭悦、申し上げます。」と述べられたそうです。(平成5年 皇太子さまの御成婚では約19万人の祝福が集まったそうです。)

尚、新元号は新年度に発表予定!?(サプライズ・セレブレーション)!(^-^)!バンザ~ィ 訪れたすべての人々にお会いしたい、お気持ちが現れていますね!(日本を代表する観光地化になりつつあります。)引き続き、ジョギングやランニング、散歩、サイクリングなどが楽しめる周辺ガイドになります。休日のレジャーやピクニックにおすすめの観光レジャー広場をご紹介!?遊園地化(様々な意味合いで)

詳しくはこちらを参照くださいませ。http://www.kunaicho.go.jp/event/sanga/sanga01.html

皇居周辺マップ

皇居周辺マップ

 

 

{皇居周辺観光ガイド}

 

皇居周辺では様々な施設や自然を沢山見ることが出来ます。最近では皇居周辺で気軽にランニングやサイクリング、ハイキングなどを行うことが出来ます。暖かい日にはお弁当を持ってのんびり過ごすことや読書を楽しむことも出来ます。江戸時代から保護されてきた多くの自然や貴重な生態系の植物2077種、動物6375種の生息が確認されています。皇居を含めた周辺は正しくルールを守りエンジョイすることが可能です。

☎・〒:主な皇居参観等のご案内

★ 歌会始の詠進
★ 秋季雅楽演奏会(要手続:03-3213-1111・武部職楽部)
★ 皇居勤労奉仕(要手続:03-3213-1111・総務課庶務第二係)

皇居周辺観光ガイドは日本武道館や科学技術館、東京国立近代美術館、東京国立近代美術館工芸館などの施設があり一日では周りきれない広さです。最近、海外旅行者にも人気がある靖国神社も歩いて行く事が出来ます。詳しくは靖国神社ホームページをチェック!

靖国神社

靖国神社

旅行記でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Powered by WordPress and HQ Premium Themes.