オリンピック・アジェンダ2020には

2019年2月25日 Natural Air.com 未分類

オリンピック・アジェンダ2020には

個人的に気になる所は記載

提言1

招待としての招致プロセスを整える

提言2

鍵を握る好機とリスクを審査し候補都市を評価する

提言3

招致経費を削減する

提言4

オリンピック競技大会のすべての側面に持続可能性を導入する

提言5

オリンピック・ムーブメントの日常業務に持続可能性を導入する

提言6

他のスポーツイベントの主催者と緊密に協力する

提言7

さまざまな能力を持つ人々のためにスポーツを運営する組織と関係を強化する

「以下を含め、あらゆる分野での相乗効果を得る目的で、さまざまな能力を持つ人々のためにスポーツを運営する組織と関係を強化する。」

✩ 技術面での支援

✩ コミュニケーション活動

✩オリンピック・チャンネルを通じたイベントの宣伝

提言8

プロリーグとの関係を構築する

提言9

オリンピック・プログラムのために枠組みを設定する

提言10

競技に基づくプログラムから種目に基づくプログラムに移行する

提言11

男女平等を促進する

提言12

オリンピック競技大会の運営経費を削減し、運営ではより柔軟性を持たせる

提言13

オリンピック・ムーブメント関係者との相乗効果を最大化する

提言14

オリンピズムの根本原則第6項を強化する

提言15

クリーンな選手を守るために考え方を変える

提言16

クリーンな選手を守るためにIOCの2,000万US㌦の資金を活用する

提言17

クリーンな選手を顕彰する

提言18

選手への支援を強化する

提言19

オリンピック・チャンネルを新たに設ける

提言20

戦略的パートナーシップを締結する

提言21

IOCの提唱力を強化する

提言22

オリンピックの価値に基づく教育を普及させる

  1. IOCは世界中の学校教育のカリキュラムにスポーツとその価値を盛り込むため、UNESCOとのパートナーシップを強化する。
  2. IOCはさまざまなNOC、およびその他の組織が実施するオリンピックの価値に基づく教育プログラムを共有するため、電子プラットフォームを構築する。
  3. IOCはオリンピックの価値の普及に役立つ取り組みを特定し支援する。

提言23

コミュニティーと交流する

  1. 選手のための仮想ハブを創設する。
  2. ボランティアの仮想クラブを創設する。
  3. 一般市民と交流する。
  4. 若者と交流する。

提言24

Sport for Hopeプログラムを評価する

提言25

ユースオリンピック競技大会の位置づけを見直す

提言26

スポーツと文化の融合を促進する

「オリンピック競技大会開催時において、またオリンピック競技大会から次のオリンピック競技大会までの間に、スポーツと文化の融合をさらに推進する。」

  1. オリンピック競技大会において

・各オリンピック競技大会でオリンピズム(文化、教育、発展、平和)への顕著な貢献に対し、オリンピック月桂冠賞(Olympic Laurel award)を創設し表彰式を式典の一部として催す。「オリンピック月桂冠」の受賞者は、中立的な立場にある、社会的に尊敬を集める人物を含む審査団が候補者リストをつくる。

   ・一般市民がオリンピック・ムーブメントとの対話に参加することを歓迎するため、オリンピックハウスの開発を検討する。

   ・聖火リレー、ライブ会場、文化オリンピアードとの文脈で、一般市民にオリンピック文化を紹介するため「移動型オリンピック博物館」のコンセプトを検討する。

   ・芸術家を招へいするプログラムを開発する。

  1. オリンピック競技大会の中間年

・世界的な文化の担い手と安定的な真の交流活動を展開し、ダイナミックな遺産を作り上げるため、委託アーティストによる影響力の強いプログラムの開発を検討する。

・各NOCに、オリンピック文化のための「アタッシェ」を任命するよう奨励する。

提言27

良好な統治の基本原則を遵守する

提言28

自律を支援する

提言29

透明性を向上させる

提言30

IOC倫理委員会の独立性を強化する

提言31

コンプライアンスを確保する

提言32

倫理を強化する

提言33

「Olympism in Action」プログラムへのスポンサーの関与を強化する

「IOCはIOCの“行動するオリンピズム(Olympism in Action)”活動の資金調達、宣伝および実現にトップパートナーを結びつけ、この点でのスポンサーの認識を高めるために方策を講じる。」

  1. IOCは具体的にどの「Olympism in Action」プログラムがオリンピック・ブランドの強化に役立つか明確にする。
  2. IOCは「Olympism in Action」の中でもスポンサーが「いかりを下ろす」ことができ、さらに「スポーツを通じたより良い世界の構築」との中心的なビジョンに結びつく、特に重要な取り組みを整理し強化する。
  3. IOCは「Olympism in Action」の目標を達成する上で、各トップパートナーとの連携から得られるものを再検討し、把握する。
  4. トップパートナーは将来の「Olympism in Action」の取り組みを共同で構築するため、IOC TMSと委託契約を締結する
  5. 「Olympism in Action」プログラムにパートナーが参加していることが広く認識されるよう、さらに努力する。

提言34

グローバルなライセンス・プログラムを展開する

提言35

トップスポンサーがNOCとの結びつきを強めるよう環境を整える

提言36

非営利目的でのオリンピック・ブランドへのアクセスを拡大する

提言37

IOC委員の定年に焦点を当てる

提言38

狙いを絞った候補者探しを実行する

提言39

社会との対話およびオリンピック・ムーブメント内の対話を促進する

提言40

IOC専門委員会の範囲と構成を見直す

引用元:オリンピック・アジェンダ2020

20+20の提言(2014年11月18日時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/